FCバルセロナ選手紹介!(FW編)

FW編も2回に分けようと思います。

ウスマン・デンベレ(フランス代表🇫🇷)NO.11

フランス代表の若き怪物、ウスマン・デンベレ選手。

移籍したネイマール(現パリ・サンジェルマン)の代役として獲得された快速WGです。

経歴

2010年からフランスのスタッドレンヌの下部組織に所属。

2015年にはトップチーム昇格&トップチームデビュー&初ゴールを記録する。

翌年の2016年からドイツの名門🇩🇪 ボルシア・ドルトムントへ移籍。

得意のドリブルを武器に活躍。

2017年には当時のFCバルセロナ史上最高額の1億500万ユーロ(約133億円)で移籍を果たす。

初年度は怪我などもあり、あまり活躍の機会は無かったが、今シーズンは好調を維持し、今やチームの主力になっている。

プレースタイル

デンベレは左足と右足を遜色なく扱えるいわゆる両利きである。

そして、スピードがあり、トップスピードから急に停止する切り返しのキレが本当に素晴らしい。

クロス精度も高く、攻撃面においては文句のつけようがないスーパープレイヤーである。

しかし、以前は練習に遅刻するなど、若さ故の素行の悪さがあり、放出の噂もあった。

今では、改善されていてチームのために苦手な守備も頑張っている。

これからに期待しよう。

マウコム・オリヴェイラ (ブラシルU-21代表🇧🇷)NO.14

今シーズンからFCバルセロナに加入した歯がめっちゃ白いマウコム選手です。

経歴

2008年にブラジルの名門SCコリンチャンスの下部組織に加入。

2014年にトップチームに昇格

コリンチャンスで活躍をし、2016年にフランスのボルドーに移籍

2018年にはイタリアのASローマへの加入間近であったが、FCバルセロナがより高額のオファーを出したことにより、ボルドー側がローマ移籍を容認しなかった。

そして、結局マウコムはFCバルセロナに移籍金4100万ユーロ(約52億円)で移籍。

プレースタイル

武器はドリブルやミドルシュートそしてフリーキックである。

しかし、まだFCバルセロナのサッカーには馴染めておらず、出場機会ほとんどない状態である。

まだ、若いので腐らずに頑張って行って欲しい。

フィリペ・コウチーニョ(ブラジル代表🇧🇷)NO.7

最後にブラジルのリトル・マジシャンことフィリペ・コウチーニョ選手を紹介します。

経歴

CRヴァスコ・ダ・ガマの下部組織出身。

16歳にして、ネイマールと共に次代のブラジル代表を担う存在として期待されていた。

2008年にはイタリアの名門 インテル・ミラノが移籍金380万ユーロ(約4億8000万円)で獲得。

しかし、セリエAの規定により2010年までヴァスコ・ダ・ガマに籍を置くことになった。

その後、インテル、エスパニョールと渡り歩き2013年にイングランドの名門リヴァプールFCに移籍金800万ポンド(11億8000万円)で移籍。

リヴァプールFCでは2年連続クラブ最優秀選手賞を受賞するなど大活躍を果たし、2018年1月にFCバルセロナ史上最高額1億6000万ユーロ(約217億円)で移籍。

加入直後からチームに馴染みリーグ優勝と国王杯獲得に貢献した。

入団当初は背番号14番だったが今シーズンから7番を背負っている。

しかし、現在はウスマン・デンベレとのスタメン争いに後手を踏んでいる感じである

プレースタイル

コウチーニョはボールコントロールそして、ミドルシュートなどボールを扱うことがとても上手い選手だ。

スピードはないが、持ち前の技術で相手を翻弄し華麗に交わしていくことが得意である。

しかし、現在はスランプに陥っているのかあまり活躍は出来ていないように見える。

焦らずにじっくり本来のコウチーニョに戻っていて貰いたいところである。

以上で第1回FCバルセロナ(FW編)を終わります。

次回は、ウルグアイ🇺🇾の点取り屋とFCバルセロナが生み出したサッカー界の神様を紹介します。

では、Hasta luego!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中